ホーム > ニュース・イベント > 2014年 > 国際線の機内食にて近江米新品種「みずかがみ」の提供が始まりました

ニュース・イベント

2014年04月15日

国際線の機内食にて近江米新品種「みずかがみ」の提供が始まりました

機内食のイメージ写真(滋賀県提供)

4月15日より、キャセイパシフィック航空(香港)の一部の和食機内食にて当会が出荷している近江米新品種「みずかがみ」の提供が始まりました。

これは、昨年、香港で行われた関西広域連合のトップセールスで、知事が滋賀県出身の香港キャセイパシフィックケータリングサービス社の森和食料理長と縁ができたことから、当会で現地バイヤーに推進した結果、今回の国際線への提供が実現しました。

滋賀県の嘉田知事は15日定例会見で発表し、「滋賀県出身の方の力添えをいただいて、「みずかがみ」が海外へはばたけるというのはたいへんありがたい。近江米ブランドに付加価値がつくことを期待している」と記者に語りました。

第1弾として3月末に当会から2,000kgの「みずかがみ」を出荷しており、25年産では10,000㎏の出荷を見込んでいます。

平成26年産からの「みずかがみ」県外向け本格販売の開始にあたり、当会では今後も県内外向けのプロモーションを実施します。

※「みずかがみ」が提供される便
■キャセイパシフィック航空
  香港発日本行の全便のファーストクラス・ビジネスクラス
 日本発香港行の一部の便のファーストクラス・ビジネスクラス
■全日空
 香港発日本行の一部の便のビジネスクラス

ニュース・イベント一覧に戻る