ホーム > 各事業の紹介 > 米穀事業

各事業の紹介

米穀事業

近江米の流通


太陽と水の贈り物「近江米」は京阪神、中京地区の大消費地で古くから親しまれてきました。 より消費者ニーズに合った、安全で安心なおいしい近江米づくりを目指し、環境にこだわった農業の推進を図るとともに、安定的な取引の拡大に取り組んでいます。また、海外への輸出にも取り組んでいます。
環境こだわり米 >>
近江米 >>


麦・大豆の流通

滋賀県の麦・大豆は、全国でも10位以内に入る生産量があります。全農しがでは、契約栽培取引を基本とした円滑な生産・流通対策に取り組んでいます。

【主な品種】
小麦:農林61号、ふくさやか
大麦:ミノリムギ、ファイバースノウ
大豆:オオツル、エンレイ、タマホマレ、
   フクユタカ、ことゆたか

農産物検査

収穫された米穀、麦類、大豆等は公正・円滑な取引を行うために農産物検査を行い、この検査により銘柄・等級が確定します。
全農しがでは、JA農産物検査員のスキル維持向上のための研修会等を実施しています。